スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Ingressプレイヤーだったからこそ感じるポケモンGOの問題点、というか違和感

ついに日本でもポケモンGOが一般公開され、自動車や自転車を運転しながらのプレイで事故が多発したり、レアポケモンが出るとされる公園では深夜にも関わらず満員電車の如く人が集まったりと、日本全国ポケモン狂騒状態と言った感じになっていますね。
私ももちろんプレイしており、それなりに楽しませてもらっています。
先日、日本テレビのスッキリ!に街頭インタビューされた際にも言ったのですが、ポケモンGOがウケているのは今まで画面の中でしかできなかった冒険が自分の脚ででき、さらにはAR技術でスマホ越しではあるがそこにポケモンが本当にいるかのような感覚を得られるからではないか?と私は考えています。
つまり、体験型であることが子供だけでなく大人も魅了している大きな要因だと思うのです。
リアル脱出ゲームが流行っているのも同様の理由ではないのでしょうか?


その一方で、ポケモンGOによって多くの問題が起こっているのも事実です。
先に述べた事故の件はもちろんのこと、立ち入ってはいけない場所、もしくはプレイ環境としてふさわしくない場所にプレイヤーが入ってしまうというのが大きな問題となっています。
例えば、1985年に起きた今以てしても史上最悪の航空機墜落事故を慰霊するための場所にポケストップというアイテムの回収やポケモンが出現しやすいポイントが設置されてしまっており、このようなゲームの遊び場としてふさわしくないとしてポケストップの削除を要請するか検討が行われています。
また出雲大社では参拝者の迷惑になるとして境内や周辺の社有地でのプレイを禁止すると発表する事態になっています。
では、そもそもなぜこのような場所にポケストップがあるのでしょうか?


ポケモンGOをプレイされている人でもしかしたらこんなことに気付いた方いませんか?
「ポケストップってお寺や神社、道端のお地蔵さんや石碑とかによくある気がする」
そんな感想を抱いた皆様、その洞察力を大事にしてください。
実際、そうなんです。
その理由を語るにはある別のゲームのお話をする必要があります。

ポケモンGOというゲームは任天堂が作ったわけではなく、Niantic, Inc.という会社が開発・運営しています。
この会社、元々はGoogleの一部門だったのですが、その時代に作ったゲームでIngressというものがあります。
このIngressは、2つの陣営のどちらかに所属するプレイヤーがポケモンGOと同じように自分の脚で動き回り、「ポータル」と呼ばれる特定の地点を奪い合い、自陣営の所有するポータルを繋いで三角形の領域を作るとそれが自陣の領土となるという陣取りゲームです。
portal.jpg
このひと際明るい放射状の青とか緑の奴がIngressのポータル (Credit: Ingress Wiki)

これらのポータルはプレイヤーからの「これポータルになりませんか?」という申請をNiantic, Inc.が審査をし、OKが出たものが新しく追加されていったのですが、ゲームの設定上ポータルは文化的・芸術的・宗教的に重要な場所や物に存在しているということになっていたため、多くの寺社仏閣や慰霊碑などが新規ポータルとして申請され、そして承認されていきました。
クローズドベータの時から参加していた私も100個以上のポータルを申請・受理されてきましたが、寺社仏閣も多く含まれていました。

これらのポータルの大半がポケモンGOのポケストップに転用されています。そのためポケストップには神社やお寺、石碑などが数多く含まれているのです。
Ingressのときも侵入禁止やふさわしくないような場所でゲームをしていた輩はいたのですが、ゲーム自体の一般的な知名度はそこまで高くはなく、またプレイヤー数も多くはなかったためあまり問題になりませんでした。
しかし、今回はポケモンという高い知名度に加えてマスメディアによる大々的な報道も相まってユーザー数がIngressの比じゃなくガッと増えたため一気に顕在化したのだと思います。


個人的な意見としてはNiantic, Inc.はポケモンGOはポケモンGOとして独自にポケストップを精査・設置すべきだったのではないかと思っています。
Ingressのときは「ポータルは文化的・芸術的・宗教的に重要な場所や物に存在している」という理由があった。
もちろんだからOK、問題なかったと言うつもりは毛頭ないですが、ポータルが寺社仏閣や慰霊碑などにあることはまだ理解はできます。
しかし、ポケモンGOのポケストップはそのような場所にある必要性がないし、ポケモンの世界観に合っているとも思えない。
ポケストップにポータルの情報を転用したのは単に再度精査するのが大変だったからでしょうけど(実際、Ingressのポータル申請の審査は3~4週間が目安とされていたのが、あれよあれよという間に1年以上待ちになっていった)、それならば、今回マクドナルドとコラボしているようなことをさらに拡大して、商店街やコンビニといった人を呼びたい商業施設などにポケストップを新たに設置してから始めればよかったのではないだろうか?
Ingressの時もローソンやSoftBank、オートバックスなどと組んだりしているわけだし、そういう他社を巻き込むノウハウが足りないということもないでしょう(あれはあれでIngressの世界観ぶち壊しだったので私は正直評価してないのですが)。
まあ、今あるポケストップを全部潰して一から再設定はできないでしょうし、削除申請が来たポケストップを粛々と消していく形で運営側は対応するのでしょうが、私たちプレイヤー側も自分たちの行動が他の迷惑になるかもしれないということを常に意識しなければなりませんね。


最後に私の卒業した高校の先輩が残したある言葉を紹介したいと思います。
「英文読めても、空気読めない奴はクソだよね」
クソ野郎にならないように、空気を読んだ適切な行動ができるよう心掛けたいと思います。


それでは。
スポンサーサイト
関連するタグ ポケモンポケモンGOIngressNiantic_IncPokemon_GO

テーマ : ポケモンGO
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yamayaman

Author:Yamayaman
都内の某大学で大学院生という身分に身をやつしながらも、趣味に生きたい人の雑記帳なのです。
好きなことをつらつらと書き連ねるだけなのです。
ゆるりと読んでいただければ幸いなのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
タグ

simフリー Xperia_Z_Ultra SONY 映画 Andy_McKee ソロギター ユナイテッドシネマ豊洲 アコースティックギター LTE 大いなる沈黙へ レビュー グランド・シャルトルーズ修道院 au 4DX 4G パシフィック・リム Pokemon_GO STAR_WARS ポケモン ポケモンGO Niantic_Inc Ingress 007 Windows_10 Google Pacific_Rim Map マップ 雑記 小ネタ isai_vivid 

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。