スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

パシフィック・リムを4DXで観て思ったこと

12/19にららぽーと豊洲内にあるユナイテッドシネマ豊洲が新たに4DXに対応した劇場をオープンさせました。



そのオープニングイベントとしてパシフィック・リムの3D版が特別上映されたので2回観てきました。
その中で4DXに対して、感じたこと、思ったこと、考えたことがあったのでつらつらと書いてみようと思います。


まず、4DXとは何ぞや?
先の動画を見ていただければ分かるように、視覚や聴覚の他に触覚・嗅覚にも訴えかけることで、まるで自分が映画の中にいるかのような感覚を客に覚えさせる、今までの「目で観るだけ」から「体全体で感じる」という新しい映画体験を目指して作られたシステムです。
因みに4DXの4Dは今までの3D(縦と横、そして奥行き)に体感という新たな次元(Dimension)を加えたかららしい。
その体感には座席自体がグワングワンと揺れ動くことも含まれているため、今までの映画の常識「静かにおとなしく見る」をある意味完全に覆す発想でとてもユニークですね。

さて、今回4DXを体感して上での感想は、正直今のままでは要らないかな。厳しいようですが、これが率直に感じたことです。
パシフィック・リムを観た中で体感した4DXの仕掛けは「Motion(椅子が揺れ動いたり振動したり)」「Air(ピンポイントで飛んでくる空気)」「Water(ミスト)」「Scents(香り)」「Fog(煙)」「Wind(劇場全体の風)」「Lightning(ストロボ)」の7つでした。
この中でもMotionの椅子の揺れ動きWindは非常に面白い。
例えばカメラがぐーっと上に昇って俯瞰視点になるようなシーンでは座席が合わせて傾き揺れることで身体が持ち上がるような浮遊感を、大きな風の流れを感じることで空に上がってくような開放感を確かに覚えるんです。
また、マッサージチェアのように座席の背もたれが背中を押してくるのも、怪獣によってロボットが背中からビルにたたきつけられるシーンに合わせることでロボットのダメージの擬似的な体験になる。
おお、確かにこれは背中にダメージ食らったなって身体で分かるんです。

が、
他はホント微妙。
例えばWater
前の席の背もたれの裏側からこっちに向かってミストが発射されるのですが、その発射音のデカいことデカいこと。
発射されるたびにプシュッ!!っと映画の音にかき消されないくらい大きな音が耳に残ります。
その割には空調の影響によってこっちまで飛んでこないことが何回もあり、結局ただの騒音発生装置になっちゃってる。

これはScentsにも言えます。
上映後「香りってなんかあった?」なんて一緒に来た友人に訊いてるお客さんがチラホラ。訊かれた友人は「あったよ、気付かなかった?」なんて言っていたのでやはり空調の影響はデカそう。
また、ユナイテッドシネマ豊洲では4DXの劇場内でも飲食が可能なため、自分が今感じたこの柑橘系の匂いが4DX由来なのか隣に座ったおっちゃんの飲物なのかが分からなくなるんです。
で、たぶん使ってる匂いの種類も少ないと思います。感じた匂いはすべてほぼ一緒でした。

Fogはスクリーン下から出てくるのですが、なかなか消えないため映画の中では煙が出てるシーンはとっくに終わってるのに、劇場内ではまだ煙が残ってて逆にただ見づらいだけになってたり、Lightningはストロボが明らかに強すぎてこれもまたスクリーンが見えづらかったり。

Motionの座席の振動もなかなかの曲者。
バイブレーションの種類があまりないのか、劇中巨大なロボットが動くときのズズーン...という大きく重い音に付けられてる振動と上映前に予告で流れてた剣と剣がふれあったキンッという高い音に付けられてる振動が一緒なんですよ。
もうわけわかんない。
なんというか、リモコンにバイブ機能が付いたばっかりの時のゲームのように、大きな音が出てたりなんか特徴的なシーンあったりしたらとりあえず振動させとけみたいな感じ。
どのように椅子の振動を使うかが深く練られていない、新機能だからとにかく使っとけ感を感じる。
その上、シーンとバイブのタイミングがズレてることがある。
ホント残念。うまく使えば非常に美味しい機能なのに...!

でも、ここまでの奴らは所詮雑兵。
悪の大将"Air"はマジでヤバい。
先の紹介動画では前から放たれているようになってましたが、実際には自分の椅子の背もたれに発射口があります。
そしてそこから細く強い風がうなじに向かって発射されます。
想像してみて下さい。例えばガッツリ小説を読んでるときに首筋にいきなり息を吹き掛けられたらどうですか?
その息よりも強烈なやつが集中して映画を観てる奴のうなじを襲うんです。
もうのめり込んで映画を観てる場合じゃない、一気に現実に引き戻されます。
4DXのコンセプトであったはずの『まるで自分が映画の中にいるかのような感覚を客に覚えさせ』るなんてとんでもない、その真逆をやってくれやがる。
更に言えば、そんな細い風がピンポイントでうなじに当たる状況って何ですか?
少なくとも私には息を思いっ切り吹き掛けられるか、小五郎のおじさんがコナン君に麻酔針を撃たれるシーンくらいしか思い付きません。
そんなシーン映画にそう何回も出てきますか?ないですよね?
それでも新機能は使いたいと考える映画関係者。
で、結局明らかにそんなシーンじゃないところで風を発射するもんだから、客はビックリしちゃって映画どころじゃなくなる。
もうね、ホントチグハグ。

4DXの考えにはアトラクション感覚で映画を観ようというのがあるのですが、実は全く新しいアイディアではなく、例えば大阪にあるUSJが似たようなことを既にやってるんですよね。
USJの運営元であるユニバーサル・ピクチャーズ自体が映画会社ですから、○○・ザ・ライドって名前のアトラクションはまさに映画と体感の完全な融合が最終目標だと思います。
今年にオープンしたハリーポッターのアトラクションなんかその融合を結構高いレベルで実現しているように感じました。
ホントに映像の中に自分がいるみたいな、いや映像がまさに自分のリアルになってるという感覚は今でも鮮明に覚えています。
それに比べると4DXシステムはしょっぱい。
専用にカスタマイズし調整することができ、広くスペースを使えるUSJのアトラクションと、多くの映画に広く対応しなければならない座席固定式汎用システムである4DXを比べちゃいけないのわかってるのですが、それでもやっぱり物足りなさは否めない。
また4DXは映像にアトラクション要素を足したというところが新しいので、映像的には今までの映画となんら変わりません。
以前の記事でチラッと紹介したIMAXのような映画としての映像的な進化はないんです。

結局、現状4DXは映画的な面でもアトラクション的な面でも中途半端な状態になっちゃってると思います。
持ってるポテンシャルは高いと思う、でもそれが全然生かされてない。
ましてや、悪の大将Airのせいでむしろ邪魔と言えちゃう。
このままだと物珍しさで来る一見さんだけで終わっちゃって後が続かない気がします。
システム自体が悪いのか、組んだプログラムがダメなのかは私には分からないけれど、早急な改善をお願いしたい一映画ファンの文句でございました。


それでは。
スポンサーサイト
関連するタグ ユナイテッドシネマ豊洲4DXパシフィック・リムPacific_Rim映画

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yamayaman

Author:Yamayaman
都内の某大学で大学院生という身分に身をやつしながらも、趣味に生きたい人の雑記帳なのです。
好きなことをつらつらと書き連ねるだけなのです。
ゆるりと読んでいただければ幸いなのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
タグ

simフリー Xperia_Z_Ultra SONY 映画 Andy_McKee ソロギター ユナイテッドシネマ豊洲 アコースティックギター LTE 大いなる沈黙へ レビュー グランド・シャルトルーズ修道院 au 4DX 4G パシフィック・リム Pokemon_GO STAR_WARS ポケモン ポケモンGO Niantic_Inc Ingress 007 Windows_10 Google Pacific_Rim Map マップ 雑記 小ネタ isai_vivid 

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。