スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ

Is it time to switch?

こんにちは、こんばんは、もしくはおはようございます。

ご存知の方も多いとは思いますが、私非常にモバイル機器というものに興味がありまして、最近は大型発表が次々となされるため、「私、気になります!」状態ですっかり眠れない日々を過ごしております。
そんな中、つい先日、待ちに待った発表がなされたため、興奮冷めやらぬまま筆を取っている次第でございます。
その発表とは、Windows Phoneに関してです。
Windows PhoneというのはMicrosoftが作ったモバイル(スマートフォン)向けOSで、今年の6/20に最新バージョンであるWindows Phone 8 (以下WP8)が発表されていました。
そんなWP8ですが、遂にこれを搭載した端末が発表され始めました。

まず、8/29にドイツ・ベルリンにて行われていたIFA2012において、韓国SamsungがATIV Sを発表しました。
ATIV S.jpg
見た目的にはSamsungのAndroidスマートフォンGalaxy S IIやGalaxy S IIIをベースとしてを作ったと思われます。
因みに、名前のATIVとはラテン語でlifeを意味する言葉"vita"を逆さにしたものとのこと。そんな
わけで、ATIV Sの後ろにPを付けてひっくり返すと"PS VITA"になるね、なんて小ネタがあったりなかったり...。

まあ、閑話休題。
そしてつい先日の9/5、新たなWP8スマートフォンが発表されました。
それが、このLumia 920Lumia 820です。
lumia820&920.jpg
フィンランドの携帯メーカーであるNokiaによるこの2つのスマートフォンは、近年iPhone擁するAppleやSamsungをはじめとするAndroid勢に押され業績の苦しいNokiaにとってまさに起死回生を狙った端末であり、非常に力の入ったものとなりました。

特に気になったのが今回のフラグシップモデルであるLumia 920です。
Lumia 920.jpg
PureMotion HD+という技術が使われている4.5inchのWXGA(解像度が768×1280)のIPS液晶、ROM 32GB、RAM 1GBで2000mAhの電池を積んでいます。
SoCにはQualcommのSnapdragon S4のデュアルコア1.5GHzを採用とのこと。詳しい型番はまだ出てないようです。
また、国際ワイヤレス充電標準規格"qi"に対応していてワイヤレスで充電が可能のようです。(このqi対応のスマートフォンはdocomoの最新モデルの中にもあるので気になる人はチェック!)
そして、この端末の最大の売りは、カメラ!
画素数自体は870万画素と平凡のような気がしますが、Nokiaが開発したPureViewテクノロジーが搭載されているためか、超高性能なんです!
120905NOKIA_Lumia920_PureView.jpg
見てください、この写真の綺麗さ!
一番下のiPhoneと比べてみると一目瞭然。iPhoneもすごくいいカメラを積んでいるのですが、この明るさはホント凄いと思います。
なんでも、Lumia 920のカメラは他のスマートフォンのカメラよりも5倍明るく撮れるんだとか。夜景もフラッシュ無しで綺麗に撮れそうですね!
さらに光学式の手ぶれ補正を搭載しています。

左が光学式手ぶれ補正のないスマートフォン、右がLumia 920のプロトタイプで撮影したもの。
確かに右の方がブレてないですよね。それに右側の方が空の青色がより鮮明に出ているようにも感じます。
また、写真の編集が可能なアプリなどカメラ周りの環境もかなり整っているようで、携帯でよく写真撮るって人にはLumia 920はピッタリかもですね。
また、個人的に一番ビビッと来たのはこのシーン。
手袋でも使えるよ!.jpg
なんと手袋したままでも操作できてます。しかも結構正確に操作できていました。これスゴくよくないですか?これから寒くなる中、電話取ったりなんだりで画面操作するのにいちいち手袋脱がなくていいんですから!この辺は北欧のフィンランドらしいナイスなアイディアだと思います。
因みにLumia 920はYellow、Red、Gray、White、Blackの5色展開。日本ではカラフルな携帯電話なんてザラですが、海外では黒一色なんてよくあることなんだそうで、最近やっと白色が出てくるようになった(iPhone4なんかもそうですよね)ものの、黄色や赤色・青色などのパステルカラーはまだまだ珍しいそうです。

そんなゴイスーなスマホLumia 920ですが欠点もあります。
なんといってもその重さ。圧巻の185g。ボディサイズ自体は130.3mm×70.8mm×10.7mmとサイズ自体はまあ普通くらいなのですが...。
調べてみたらdocomoから発売されているPanasonicのスマホ ELUGA V P-06Dが129mm×65mm×10.4mmとほぼ同サイズで126gでした。また昨今のスマホの中では重い部類に分類されるiPhone4Sですら140gですから、185gってヤバそうですよね...。
それともう一つ気になるのが外付けのメモリーカードに非対応である点。WP8で新たにサポートされた外付けメモリーカードへの対応ですが、Lumia 920では見送られたようです。これはちと残念かなぁ。

今回発表されたもう一つのスマホ、Lumia 820ですが、これ以上グダグダ話すと怒られてしまいそうなのでざっくりとした話に止めようと思います。
Lumia 820.jpg
立ち位置的にはLumia 920の下位モデルなため、800×480の解像度を持った有機ELディスプレイだったりPureView非搭載だったりするのですが、qi対応や外付けメモリーカード対応、さらに7色展開で裏蓋を変えることで色を変えられる一種のきせかえ機能付きなどキラっと光るポイントも持っていて、ただの下位モデルとして扱うにはもったいなさそう。こちらもなかなか期待できそうです。

と、以上新作Lumiaに関してダラダラと書いてみましたが、如何でしたでしょうか?
Windows Phoneってなんだよ、どんなだよって方が非常に多いと思います。それもそのはず、日本ではWP搭載のスマホはauから一機種出ているのみで、世界的にもシェアはかなり低いですから。
ですが、現行のバージョンであるWindows Phone 7.5のユーザーとしては、この心地良い操作感はぜひ体感していただきたいですし、iOSやAndroidと比べて痒いところに手が届かない点もありますが、OSとして素行の良い優等生みたいな感じでよく出来たものだと思うので、ぜひとも流行って欲しいなぁ、なんて思うわけです。
また、Nokiaはガラケー全盛期時代に日本の携帯電話業界の閉鎖性に嫌気が差して撤退してしまったという過去があります。
しかし、スマホ界の発展に伴い日本メーカーやガラケー機能にこだわらない人が増えてきた今こそNokiaに戻ってきて欲しいとも思うわけです。
なので、docomoやauから冬モデルとしてWP8が出るという噂がある中、ここはぜひLumia 920(もしくは820)を引っ張ってきて欲しいんですよねぇ。
もし来なかったらSimフリー版を輸入してしまうかもしれない(笑)。

発表会にて"It's time to switch."や"Switch to Lumia"と打ち出していたNokiaの新しいスマートフォン、Lumia 920とLumia 820。
この機会に、あなたもSwitch to Lumiaしてみたらいかが?

それでは。


2014.8.19追記
so-net blogからFC2ブログに移行させました。
スポンサーサイト
関連するタグ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yamayaman

Author:Yamayaman
都内の某大学で大学院生という身分に身をやつしながらも、趣味に生きたい人の雑記帳なのです。
好きなことをつらつらと書き連ねるだけなのです。
ゆるりと読んでいただければ幸いなのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
タグ

simフリー Xperia_Z_Ultra SONY 映画 Andy_McKee ソロギター ユナイテッドシネマ豊洲 アコースティックギター LTE 大いなる沈黙へ レビュー グランド・シャルトルーズ修道院 au 4DX 4G パシフィック・リム Pokemon_GO STAR_WARS ポケモン ポケモンGO Niantic_Inc Ingress 007 Windows_10 Google Pacific_Rim Map マップ 雑記 小ネタ isai_vivid 

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。